診療案内

矯正歯科

矯正歯科とは?

矯正歯科

矯正歯科では、一般的には悪い歯並びをきれいに治す
治療をします。

しかしながら、ただ歯並びの美容的な改善をするだけではなく、
発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりと噛み切る
ことや奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身と噛み合わせの
バランスを調整すること、歯のガタツキを無くすことにより、
歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果
も持ち合わせております。

さらに、成長期のお子さまには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。
矯正治療は、数多くの治療効果を持ち合わせる歯科治療の一分野です。

矯正とはどんな治療でしょう?

【1】 悪い位置にある歯を正しい位置に並べる。

【2】 あごの骨が出たり、引っ込んだりしている場合は、あごを良い方向に動かす。

【3】 噛み合わせが悪い場合は、バランスよく噛める位置に治す。
  歯の位置をいろいろな装置を使って動かしていきます。

どんな人が矯正するの?

矯正

■歯並びが不揃いである

■歯と歯の間に隙間がある

■奥歯でしっかり噛んでも、前歯が噛み合わない

■上下のあご(歯)が横にずれている

■歯がねじれている

■出歯やうけ口

■物がよく噛めない

など、その方によって理由は異なりますが、このような症状が見られる場合は
矯正治療を行うことが望ましいです。是非、お気軽にご相談ください。

歯並びが悪いと…

悪い歯並びをそのままにしておくと、どのような障害がおこるのでしょうか?

むし歯や歯肉の病気になりやすい

乱ぐい歯や八重歯のように歯が重なり合っていたり、かみ合わない歯がある場合、
食べ物のカスが溜まりやすく、また、歯みがきも難しく、むし歯や歯肉の病気に
なりやすいのです。

物をかむ能率が低くなる

歯並びが悪いと物をかむ能率が低下し、胃や腸などに少なくとも好ましくない影響を与え、
全身の健康状態も悪くなることが考えられます。

正しく、はっきりした発音がしずらい

ひどい出っ歯や上下の歯が噛み合わない時やうけ口などの場合、
正しい発音ができず、特に電話での会話や外国語を話す時には、
相手に正しい意味が通じないことがあります。

あごの骨の成長を妨げる

正しいあごの発育に影響を及ぼし、上と下のあごの関係が悪くなったり、
左右が対象でなくなったりします。

その他の影響

外傷を受けやすいあごの関節や、口の周りの筋肉に影響を与え、
噛み合わせの病気(咬合病)になりやすく、将来入れ歯やブリッジなどを
入れる時入れにくいなどの障害が考えられます。

心理的な影響を与える

悪い歯並びを気にする為、子供時代から友達とのつき合いも消極的になる傾向が
あります。大きくなるにつれて、自分の容貌上の劣等感は一層強くなり、
社会・人間関係に悪影響を及ぼす結果となることが少なくありません。

医療法人社団“黒田歯科医院”(歯科、矯正歯科、小児歯科)

阪急『武庫之荘駅』南出口より徒歩1分のところにある歯科医院
〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘1丁目14-23 富松フルトビル3階
TEL/FAX:06-6436-7477 URL:http://www.kuroda-shika.com